行動力と道に迷う事に長けた高校生です。行った先でネイチャーな写真を撮ろうと思いますので勝手に使っちゃって下さい。コメント、リンク嬉しいです!!!


by kopenta1205

水草とは。

水草とはなにか。実はこれ結構曖昧です。

まず植物の分類(例 アサザ)

界 Kingdom 植物界
門 Phylum/Division(*) 被子植物門
綱 Class 双子葉植物綱
目 Order ナス目
科 Family ミツガシワ科
属 Genus アサザ属
種   Species  Nymphoides peltata (S.G.Gmel.) Kuntze



以上に分類されます。



しかし水草は種単位であっても分類不可なのです。例ミソハギとヒメミソハギ


(ヒメミソハギは水中化しますがミソハギは無理)






じゃあ場所?





残念。ドクダミやフタバムグラ、メリケンムグラなど完全に陸上性の植物が水中化します。(微妙ですが)







つまり水草は多少でも水中適応力をもった植物全体と言って良いでしょう。







それじゃあ適応力はどこから来たのか…






どんな水草にも祖先はいます。





その祖先がどのような進化を遂げたのかが重要なのです。



     

先祖→ 進化  →水中・半水中・陸上のどれかに進出

水中  エビモ科やアマモのような水上化しないもの。



半水中  ガマ、ヨシのような半水中では生きれるが完全水中、完全陸上では無理。



 陸上   水中、半水中は無理。だいたいの植物。






更に水中→半水中→陸上(もしくは逆)の進化をします。




水中から半水中


ロタラ、ルドウィジアなどの部類。すんなり両方ともいく。



半水中から陸上


ドクダミなど。かろうじて水中化する。


陸上から半水中


モウセンゴケ、ミゾソバ。水中化は無理。


半水中から水中


チョウジタデ ブセファ ヒメミソハギ。なんとか水中化できる。






これは各条件の適応力で分かります。



水中に祖先を持つドクダミは陸上種でありながら水中化できますが、陸上から進化したミソハギは無理です。
かろうじて半水中から水中まで適応力を進化させたヒメミソハギが水中化します。



つまり水中→半水中→陸上と半水中→水中の進化をした植物は水草といっていいとおもいます。









水草とアクアリウムプランツは違います。


アクアリウムプランツは水槽用水草ですのでアクアプランツ(水草)とはまた別物です。







以上がサイト、論文、とある方からのご教授から頂いた情報です。




正しいとは言えませんが同じ水草を生育する物同士なにかヒントになればと…







最後までありがとう御座います。
[PR]
by kopenta1205 | 2011-11-03 23:32 | 未分類